ダイエット効果の高い方法、スローランニングとダッシュ


ダイエット効果の高い方法、スローランニングとダッシュ

疲れが溜まるばっかりのウォーキングは私は続かないし、おすすめもしてませんが、 スローランニングは続けられるのであればとてもおすすすめできます。

ウォーキングの場合、ある程度強くグイグイ歩かないとたいした効果が得られません。
もちろんゆっくりでも1時間とか歩くとカロリーだけは消費できるのでいいのですが、 筋力的にそれほどの負荷がかかっていないので、 1ヵ月後でも1年後でもやっぱり同じようにカロリーを消費するだけの疲れる運動になります。

スローランニングでは歩くのとは違い足を上げて、それなりに蹴りながら走るので、 体力的にも筋力的にも十分効果があります。
走る速度は歩く速度程度で十分です。単純に走ってる感じであればOKだと思います。
マラソンや普通のランニングと比べるとすごく楽です。
比較的短時間で汗も出てきますし、ウォーキングと比べて短い時間で効果が出るのもいいところです。

私はそれに加えダッシュもやってます。
距離は短いですが、スローランニングしながらたまに5メートルくらい本気でダッシュしてます。
ダッシュの後はすごく息が上がるのですが、その後ゆっくり走っていると復活します。
で、またダッシュをするという感じです。
これも「一瞬でいいから力を入れると効果がある」という事の応用です。
しかも!本気で走ると腹筋背筋にかなりの負荷がかかるので、
お腹をへこます為にも効果があります!
陸上競技やサッカー、バスケなどの選手にお腹が出ている人がいないのは、 運動量とは別に、ダッシュする事が多いからだと思っています。

ちなみに私がこれをやっている大きな理由は、 若い頃に中高年の人が「走ろうと思っても足が上がらない」と言っていたのを聞いても意味が分からず、 「足なんか上がるに決まってるし意味わかんない」と思っていたのが今は分かるからです!(笑)
若い頃は体育の時間があったり、スポーツや遊びでも本気で走る事は多々あったのですが、 そんな事を全くしなくなってからは本気で走る事が全くなくなりました。
で、ホントに久しぶりに本気で走ってみたら、
「あれ、こんな走り方してた?これで良かった?走るってどうやるの!?」
ってな感じになってガッカリしたことがあります。
筋力の問題もあるのでしょうけど、慣れの問題だと思うんです。
走る事自体しないから、走り方を忘れてしまったんですね。
で、数年、数十年ぶりに走ろうとしても足がもたついてしまうんじゃないでしょうか。
50歳、60歳になっても若い頃と同じフォームで走れたらかっこいいし、 ダッシュ自体が足腰を鍛えるのにすごくいいのでいくつになってもやっていきたいところです。

ちなみに私はこのスローランニング&ダッシュは、毎日ではないですし、後半になればなるほど期間が開くようになりましたが、 やり始めてから3ヶ月続きました。
その後は日常的にやる事は全くなくなったのですが、 体調も良く時間や天気のいいやる気のある時だけ、極稀にやってます。1年に2〜3回くらいでしょうか・・・。
それでもやらないよりずっといいよね!

歩くだけや毎日続けられることなら
重い靴で毎日トレーニング
がおすすめです。

健康ダイエットトップページに戻る






当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2010-2016 kenkoudiet All rights reserved.
inserted by FC2 system