ダイエットとスリムであることの関係


スリム or 体重

スリムである事と、体重を減らす事はある意味反しています。

ご存知の通り、筋肉は脂肪より質量が高いので、同じ体積(体系)であるなら筋肉質であればあるほど体重が重くなります。
また、スリムであるためには十分な食事を取らない場合を除き、
運動や筋トレで脂肪燃焼、あるいは筋肉への変換をしない限りスリムにはなりません。

つまり、スリムである事と体重を減らす事はある意味反しているので、
例えば日々運動や筋トレを続けているにも関わらず、
体重があまり落ちていない場合は、
むしろ体系に変化があると言えるのです。


特に普段から楽な服装を着ている場合には、痩せた効果を実感しにくくなります。

もちろん、日々の運動を長く続ける事で更にスリムになり、体重も落ちるのですが、
とかく体重を気にしすぎる傾向が強いので、できるならウエストや太腿周りのサイズを初めに測っておき、
体重が減っていないのを気にする前に、スリムになっている事を確認する様にして下さい。

これは言うまでも無く、体重が減っていないことでやる気をなくすことを防ぐ為です。

通販のビデオのように、ダイエット前に写真やビデオを撮っていれば比べる事もできるのですが、ちょっとねぇ(笑)


健康ダイエットトップページに戻る






当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2010-2016 kenkoudiet All rights reserved.
inserted by FC2 system